Home Google 出先でGoogle Meet データ通信料はどれくらい?

出先でGoogle Meet データ通信料はどれくらい?

by Googler A
0 comment

便利だけど出先だと心配?

いつでもどこでもオンライン会議ができるGoogle Meet。自宅ではネット環境があるのでWiFiに接続すればデータ通信料を気にすることもないのですが、出先で携帯電話網を使用したデータ通信を行った場合に気になるのがパケット通信料。最近では「ギガが足りない」などという方も多いようですが(データ通信料=ギガ ではないので、正確な言い回しではないですが)、出先でGoogle Meetを使用した場合はどれくらいのデータ通信料になるのでしょうか?

音声通話のみの場合とビデオ有りの場合で大きく異なる

Google Meetを使用する際の目安となるデータ通信料はGoogleは公式には公表していません。
これだと話が終わってしまうので、Google Meetの仕様およびヘルプ記事を基にざっくりとしたデータ通信料を割り出してみたいと思います。
※ここでの計算結果、数値は当方で独自に算出した参考値です。実際の通信時にかかるデータ量の保障ではありませんのでご了承ください。

動画ありの場合のデータ量

Google Meetのハードウェア要件(https://support.google.com/a/answer/4541234)を参考に考えてみます。ネットワークの要件として「最小限必要な帯域幅」が記載されています。これによると、自分がデータを送信する場合は「HD 動画の場合、状況を問わず必ず 3.2 Mbps」となっています(参加人数5人の場合)。
1秒当たり3.2 Mbpsですので1分間高画質(HD)の動画を送信すると192Mb=24MB/分です。1時間だと、1,440MB=1.44GBです。
NTTドコモのahamo・20GBプランの場合、833分=13.8時間使用できる計算になります。

動画を利用したオンライン打ち合わせをする頻度にもよりますが、契約プランに合わせて適切な時間で利用しましょう。

音声通話のみの場合のデータ量

音声通話のみの場合のデータ量については、Googleのヘルプ記事にも記載がないのですが、低画質動画(SD)の場合は「1 Mbps」との記載がありましたので、音声だけだと半分?と見積もって計算してみます。
1秒当たり0.5 Mbpsですので1分間高画質(HD)の動画を送信すると30Mb=3.75MB/分です。1時間だと、225MB=0.225GBです。
NTTドコモのahamo・20GBプランの場合、5,333分=88.8時間使用できる計算になります。

通常の音声通話(電話)であっても月に80時間となると相当な時間です。出先で利用する場合で映像が必要ない場合は音声のみで利用するのがより安心と言えます。

データ通信料を節約する方法

スマートフォン版のGoogle Meetアプリでは、WiFiに接続していない場合のデータ通信料を制限したモードで利用することができます。

Google Meetアプリの左上にある三本線マークから設定を開き、Android版の場合は「設定→会議の設定→データ使用量を制限」をONにします。iPhoneの場合は「設定→通話:通話中→モバイルデータの使用量を制限する」をONにします。

ほかのデータ通信量も考慮して適切に利用を

動画サイトの閲覧やSNSなどを出先でよく使用する場合、Google Meetの使用と併せると、それなりにデータ量を消費します。

毎月の利用料金が高額にならないよう、適切な利用を心がけましょう。

You may also like

グーグラーとは

生活に関わるIT問題を全てGoogleで解決!


Googleは、私たちの生活に欠かせないツールです。しかし、その便利さゆえに、使いこなせないと困ることも少なくありません。

そんなときに役立つのが、当サイト「グーグラー」です。このサイトでは、Googleのさまざまな機能や使い方について、わかりやすく解説しています。